七転八起のブログの力! 6292673


小 沢 革 命

国民主権!!
日本の政治を根底から叩き直す!!
正義を貫く!!



主権者国民連合

           基本政策
1.「シロアリ退治なき消費増税」の白紙撤回
2.TPPへの不参加
3.国民の同意なき原発再稼働阻止


七転八起がベスト優良ブログのパワーを結集!! 次世代の新掲示板!!

小沢一郎政権を断固樹立!!



七転八起のブログの力! ブログ25 選 plus 2
(クリックするとジャンプします。 順不同敬称略)



*これは我々の独自な選定です。
尚、追加や変更もあります。  


「国民の生活が第一」政権実現応援掲示板
七転八起の動画の力!


熊本地震の予兆を事前に全く検知できていなかった情けない気象庁と日本の地震専門家 (新ベ

1:みや :

2016/04/18 (Mon) 00:36:25

熊本地震の予兆を事前に全く検知できていなかった情けない気象庁と日本の地震専門家:HAARPによるELF(超長波)励起だけで地震が起こせるほど、地殻歪エネルギーが溜まっていたのか (新ベンチャー革命)
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35840231.html



2016/4/17(日) 午後 2:15

新ベンチャー革命2016年4月17日 No.1365

タイトル:熊本地震の予兆を事前に全く検知できていなかった情けない気象庁と日本の地震専門家:HAARPによるELF(超長波)励起だけで地震が起こせるほど、地殻歪エネルギーが溜まっていたのか

1.3.11大地震に次いで、今回の熊本大地震も日本国民にとっては青天の霹靂だった

 今、熊本地方で震源地の移動する変わった群発大地震が起きています(注1)。この地震が今後、収束するのか、それとも、持続するのか、さらに大規模化するのか、先行きが今のところ不透明です。

 日本は地震大国ですが、これほど、地下に内部歪エネルギーが溜まっていたのに、地震が発生するまで、日本の専門家の誰も気付かなかったのはほんとうに不思議です。

 筆者は若い頃、IHIにて船やプラントなどの鋼構造物の設計に従事した経験がありますが、鋼構造物に外力が働くと、変位するか、内部歪として蓄えられるかのどちらかです。内部歪を蓄えた鋼構造物は、なんらかの衝撃をきっかけに、変位することによって、内部歪を解放します。地震のメカニズムもこれと同じでしょう。

 地震予知技術の第一歩は、地下の内部歪を計測することです。その技術を東大の上田誠也先生が解説されています(注2)。この解説によれば、電磁波技術の応用で地下の内部歪を電磁的に検知できるようです。

 ところが、なぜか、日本政府はこの技術開発に一銭の予算もつけていないのです、なぜでしょうか。

 現実に、3.11地震のみならず、今回の熊本地震も気象庁はまったく、事前にその予兆を検知できていませんでした。

2.上田先生の提案されている地震予知システムがあれば、3.11地震も熊本地震も予知できたはず

 上記、上田先生の電磁波技術応用による地震予知システムが導入されれば、気象庁は事前に地震予知できる可能性が高いのです。

 ところで、気象庁や地震専門家の多くは南海トラフで大地震が発生する危険を国民にすでに示していますが、これは、従来の海底地殻変動観測でわかっています。しかしながら、これは上田先生の提唱される電磁波技術の応用ではありません。

 上田先生の提唱されている電磁波技術による地震予知システムは、ネットで話題のHAARP(注3)技術によく似ています、少なくとも、原理は同じです。

しかしながら、なぜか、日本政府は上田先生の提案を無視し続けています、本当に不思議です。

3.上田先生のHAARP技術応用の地震予知システムはなぜ、日本で開発されないのか

 ところで、筆者は米国シンクタンク・SRIインターナショナルに16年半、勤務しましたが、SRIはHAARP技術の研究を行っています、オモテムキはオーロラの研究ですが、これは、米国にとって軍事技術であり、米国覇権技術(米国以外の他国の利用を認めない技術)なのです(注4、注5)。

 さて、本ブログは日本を乗っ取っている米国戦争屋のウォッチをメインテーマとしていますが、彼らは日本の先端技術開発状況を常時、監視しています。だから、HAARP技術を応用して地下の内部歪エネルギーを観測する技術を日本が勝手に開発すると、彼らは確実に妨害してきます、米国の国益に反するという理由で・・・。

 だから、上記の上田先生の提案に日本政府が予算をつけるとたちまち、米国の対日監視組織からクレームがつくはずなのです。

 上記のHAARP技術は、地下の石油資源探査にも応用できますが、日本を乗っ取っている米戦争屋ボス・デビッドRF財閥配下のエクソンなど石油メジャーの利益に反するので、絶対に彼らはHAARP技術応用の地層観測技術を日本が開発することは認めないでしょう。

 その証拠に、悪名高い地球探査船ちきゅう号の海底ボーリング作業も、わざわざ、米国の専門家がちきゅう号に乗船して行い、日本人研究員はアンタッチャブルにされています。

なお、上記、米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.816の注記をご覧ください。

4.3.11地震も熊本地震も日本政府が予知できないのは、最先端の地震予知システムを日本がもっていないからか

 上記のように、日本の地震予知システムは極めてプアなのです。一方、米国の対日監視組織は、人工衛星とHAARPを利用して、日本列島や日本近海の海底のどこに、地殻歪エネルギーが溜まっているか、よくわかっているのではないでしょうか、それならば、日本にて、わずかの外部刺激で、そのような場所で、大地震を誘発させることが可能なのではないでしょうか。そして、本ブログでは、3.11地震は彼らの仕業であったと観ています、その目的は、アンチ米戦争屋の小沢氏が米戦争屋傀儡の自民党から政権を奪取したことへの報復と、核兵器用プルトニウムをイランに密輸出した東電への報復だったと観ています(注6)。

 一方、今回の熊本地震が突然起きたのは、この地域の地下に内部歪エネルギーが溜まっていることがわかったため、わずかの外部刺激で地震を起こせたとみなせます。熊本地震の場合、アラスカHAARPによるELF(超長波)励起だけで地震を起こせた可能性があります、

ちなみに、2015年5月11日、第二の3.11地震が起こると、英経済誌エコノミスト表紙で予言されていましたが、この時期、アラスカHAARPより強烈なELF励起が行われていたとわかっています。このときは、日本の箱根が狙われていましたが、派生的にネパールで大地震が起きたのではないかと推測されます、なぜなら、ネパールの地下にも巨大な歪エネルギーが溜まっているからです(注7)。

5.熊本地震は3箇所の原発を結ぶ三角形の中心で起きている

 今回の熊本地震の近傍には、玄海、伊方、川内の3つの原発が立地しており、その3つの原発を結ぶ三角形の中心で地震が起きています。

 さらに不気味なことに、安倍氏は米軍に救援要請しています(注8)。おそらく、日本を乗っ取っている米戦争屋が安倍氏に、米軍出動を要請しろと囁いたのでしょう。

 米戦争屋は熊本地震が起きることを事前に知っていた可能性があります。3.11地震と同様に、あまりに手回しが良いのです。そして、今、九州近海に米空母が2隻もいます、毎年恒例の米韓合同演習のために・・・。

 日本近海における米軍の状況が、2011年の3.11地震のときとよく似ていますので、本ブログでは、2016年5月1日頃、米韓合同軍事演習終了直後、第二の3.11事件が起こされることを危惧していました(注6)。

 今回の熊本地震も3.11地震と同様に人工的刺激により誘発された自然地震なのかどうか、現段階では不明ですが、米軍に何か頼むのだけは絶対に止めてほしいと思います、心底、不気味ですから・・・。

追記:3.11地震を予知したブロガー・井口氏が熊本地震の疑惑を指摘しています。震源地で地熱発電事業が行われていたようです(注9)。地殻歪エネルギーの溜まったところでの地熱発電は絶好の地震起爆剤です!

注1:NHK NEWS Web“熊本と大分で地震相次ぐ 今後も激しい揺れ伴うおそれ”2016年4月17日
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160416/k10010482991000.html

注2:上田誠也{2007}『地震予知研究の歴史と現状』学士会会報 2007-IVNo.865、図9:各種の地震電磁気異常の観測
http://www.geocities.jp/semsweb/Uyeda_070309.html

注3:高周波活性オーロラ調査プログラム(HAARP)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%B4%BB%E6%80%A7%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%A9%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0

注4:本ブログNo.390『2009年に3.11大地震・大津波を黙示していたフューチャリスト・浜田和幸自民党参院議員』2011年6月21日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/25189313.html

注5:本ブログNo.754『米国の巨大竜巻と日本の気象異変は関連があるのか』2013年5月23日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/32014918.html

注6:本ブログNo.1356『米国民は9.11テロの真相追及に熱心なのに、日本国民は3.11大震災のテロ疑惑追及に興味がない:これでは何度でも、ステルス・テロが仕掛けられる』2016年4月3日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35802403.html

注7:本ブログNo.1117『運命の 2015年5月11日の日本時間正午前後、北極圏から強烈な地磁気が発生していた?箱根の異変とネパール地震はELF(超長波)励起によるのか』2015年5月14日
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34926081.html

注8:産経ニュース“安倍首相、被災者救助の米軍支援「調整が整い次第直ちに実施」”2016年4月17日
http://www.sankei.com/politics/news/160417/plt1604170013-n1.html

注9:Kazumoto Iguchi’s blog 2“「熊本地震」:ついに発見「怪しい掘削事業」=南阿蘇村の「地熱発電事業」”2016年4月17日
http://quasimoto2.exblog.jp/22723916/

ベンチャー革命投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Oakland/1386/melma.htm

テックベンチャー投稿の過去ログ
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/8285/column-top.html

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.