七転八起のブログの力!         ~ 衆口金を鑠かす ~


デモ・抗議開催情報まとめ(戦争法案・安倍退陣等)

頑張れ!小保方晴子!! STAP HOPE PAGE

“ 悪の体制を破壊するのは容易ではない!! 国民が一致団結しない限りできない!!! ” 

選挙屋「ムサシ」がコンピューター操作懸念?!! ”“ 山本太郎は命懸け!!

ryuubufanのジオログ  Message To The World



スキップ▼


    自由党


小沢事件の真実
▼スキップ
最高裁の罠

『田代不起訴で小沢冤罪確定!!』


指定弁護士の控訴は検察審査会法違反!!

 Black Box

「七転八起のブログの力!」は、世の現状を憂うるブロガー様の
言論力をお借りして、より良い日本づくりの実現を訴える掲示板です。

七転八起のブログの力!

6533088

小 沢 革 命

国民主権!!
日本の政治を根底から叩き直す!!
正義を貫く!!



主権者国民連合

           基本政策
1.「シロアリ退治なき消費増税」の白紙撤回
2.TPPへの不参加
3.国民の同意なき原発再稼働阻止


七転八起がベスト優良ブログのパワーを結集!! 次世代の新掲示板!!

小沢一郎政権を断固樹立!!



七転八起のブログの力! ブログ25 選 plus 2
(クリックするとジャンプします。 順不同敬称略)



*これは我々の独自な選定です。
尚、追加や変更もあります。  


「国民の生活が第一」政権実現応援掲示板
七転八起の動画の力!

ボルトンの首が飛んで「地固まる」米朝首脳会談 (新党憲法9条) - 七転八起Shichitenhakki

2018/05/17 (Thu) 14:03:21


http://kenpo9.com/archives/3728





 北朝鮮が米朝首脳会談の中止を突然言い出したことに一番驚いたのはトランプ大統領だろう。

 何も聞いていないと自ら認めて衝撃を隠さなかった。

 しかし、北朝鮮が中止を言い出した本当の理由を知ったらもっと衝撃を受けるだろう。

 一夜あけて、きょうの各紙が一斉に書いている。

 これは北朝鮮のボルトン外しであると。

 つまり、まだ核兵器の開発段階にあったリビアと、いまや米国本土に核攻撃できるまでになった北朝鮮を同じ扱いにし、無条件で核放棄をしたらその後で制裁解除をしてやるという成功体験を北朝鮮との交渉に持ち込むボルトンでは、話にならない、北朝鮮を舐めるなと言っているのだ。

 ポンぺオはいいが、ボルトンは駄目だと言っているのだ。

 そして、そう主張する北朝鮮は全く正しい。

 リビアの成功体験など事実無根の自画自賛なのだ。

 そもそもボルトンはイラク攻撃を唱えて今日の米国を招いた疫病神だ。

 いまでもネオコン思考から脱却できない時代遅れの人物だ。

 そしてトランプ大統領の最初の人選に漏れた人物だ。

 次々と首を切るトランプ大統領が、人選に困って最後に指名した人物だ。

 そんな人物が、トランプ大統領の空気を読めずに強硬策を唱えて金正恩を怒らせたのだ。

 トランプ大統領はボルトンの首を斬るしかない。

 私だったらそうする。

 このままボルトンが出しゃばり続ければことごとく交渉はうまくいかないだろう。

 米朝首脳会談は成功させるしかないという結論は出ているのに、無駄な労力を使う事になる。

 トランプ大統領が最も嫌う事だ。

 ボルトンの首を切る事によって、トランプ大統領と金正恩委員長の信頼関係は再確認され、米朝首脳会談は再び軌道に乗る。

 トランプ大統領の思惑通り、中間選挙前に朝鮮半島の非核化に成功する。

 そして中間選挙に勝ってノーベル平和賞を手にすることが出来る。

 「雨降って地固まる」のたとえで言えば、まさしくボルトンの首が飛んで米朝首脳会談の地が固まるのである(了)


Re: ボルトンの首が飛んで「地固まる」米朝首脳会談 (新党憲法9条) - 七転八起Shichitenhakki

2018/05/17 (Thu) 14:08:18


ボルトン米大統領補佐官の影響力低下狙う=北朝鮮、嫌悪感あらわ(じじ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000014-jij-kr





【ソウル時事】北朝鮮の金桂冠第1外務次官は16日の談話で、対北朝鮮強硬派で核放棄を先行させる「リビア方式」の適用を唱えるボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)への嫌悪感をあらわにし、集中的に攻撃した。

 米朝首脳会談のキャンセルをちらつかせ、トランプ政権内でのボルトン氏の影響力を低下させようという狙いがありそうだ。

 金氏は「朝米首脳会談を控えた今、米国で、対話の相手を甚だしく刺激する妄言が次々と飛び出している」と主張した。

 具体的には「ボルトン(補佐官)らホワイトハウスと国務省の高官は『先に核放棄、後で補償』方式に言及し、『リビア核放棄方式』だの、「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」だの、『核、ミサイル、生物・化学兵器の完全廃棄』だのと主張している」と不快感を表明した。

 今後についても「彼に対する拒否感を隠さない」と、ボルトン氏を相手にしない強硬な姿勢を打ち出した。「朝米首脳会談をはじめ全般的な朝米関係の展望がどうなるかは火を見るより明らかだ」とも警告している。

 さらに「核開発の初期段階にあったリビアを『核保有国』であるわが国と比べること自体が愚かだ」と開き直った。 


名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.