七転八起のブログの力!    ~ 天網恢恢疎にして漏らさず ~


デモ・抗議開催情報まとめ(戦争法案・安倍退陣等)

頑張れ!小保方晴子!! STAP HOPE PAGE

“ 悪の体制を破壊するのは容易ではない!! 国民が一致団結しない限りできない!!! ” 

選挙屋「ムサシ」がコンピューター操作懸念?!! ”“ 山本太郎は命懸け!!

ryuubufanのジオログ  Message To The World



スキップ▼


    自由党


小沢事件の真実
▼スキップ
最高裁の罠

『田代不起訴で小沢冤罪確定!!』


指定弁護士の控訴は検察審査会法違反!!

 Black Box

「七転八起のブログの力!」は、世の現状を憂うるブロガー様の
言論力をお借りして、より良い日本づくりの実現を訴える掲示板です。

七転八起のブログの力!

6718676

小 沢 革 命

国民主権!!
日本の政治を根底から叩き直す!!
正義を貫く!!



主権者国民連合

           基本政策
1.「シロアリ退治なき消費増税」の白紙撤回
2.TPPへの不参加
3.国民の同意なき原発再稼働阻止


七転八起がベスト優良ブログのパワーを結集!! 次世代の新掲示板!!

小沢一郎政権を断固樹立!!



七転八起のブログの力! ブログ25 選 plus 2
(クリックするとジャンプします。 順不同敬称略)



*これは我々の独自な選定です。
尚、追加や変更もあります。  


「国民の生活が第一」政権実現応援掲示板
七転八起の動画の力!

米国発世界同時株安と今後の展望(植草一秀の『知られざる真実』) - 七転八起Shichitenhakki

2018/10/12 (Fri) 20:54:52


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/post-3b56.html





安倍内閣の菅義偉官房長官がNHK番組で2019年10月に予定されている消費税増税について、


「リーマンショックのようなことがない限り実施する」


と述べたことをすでにお伝えした。


10月7日付ブログ記事
「安倍内閣は消費税増税再々々延期し選挙に臨む」
http://urx.red/MtD8


メルマガ記事
「2019政治大決戦-これが勝利の方程式だ」
https://foomii.com/00050


メルマガについても、ぜひご高読をお願い申し上げたい。


この直後にあたる10月11日から12日にかけて内外の株価が急落した。


10月10日のNY市場でNYダウが831ドル下落し、この流れを受けて、日経平均株価が10月11日に915円の急落を演じた。


本年で3番目に大きな株価急落である。


NY市場では10月11日にも前日比545ドルの下落を示し、25052ドルまで値を下げた。


10月12日の東京市場では日経平均株価が前日比103円高の22694円で引けた。


とりあえず株価下落の連動にいったん歯止めがかかった。


主要国の株価は2009年3月を起点とする長期上昇局面の延長上に位置している。


株価上昇は来年3月で満10年の節目を迎えることになる。

経済金融は循環変動を繰り返す。


100年に1度の巨大バブルが生成される一方、10年周期でミニバブルが生成される。


バブルの後にはもれなく暴落がついてくる。


金融変動を外から操っている存在があるとすれば、平坦な相場変動には飽き足らなくなるだろう。


右肩上がりの相場であれば、買い付けを行ったが最後、それを保有し続けるだけの行動がベストになる。


売買を仲介するビジネスも成り立たなくなるし、資金運用を専門とする、(自称)プロフェッショナルの人々もビジネスチャンスを発掘するのが困難になる。


暴騰や暴落が発生することにより、金融関連ビジネスの領域は一気に拡大する。


近年は投資資金に対して損益が非常に大きくなる、いわゆるレバレッジが効く取引手法が広範に提供されている。


IRが賭博場として批判の対象になっているが、金融市場の一部には、利用方法によっては、はるかに賭博性の高い市場ツールが存在する。


投機の対象として金融市場に参画する「投資家=投機家」も決して少なくはない。


近年勃興した仮想通貨市場も、圧倒的多数の市場参加者にとっては、新しい、参入が容易な「投機市場」の提供という側面が強い。


仮に市場支配者が存在するなら、意図的にバブル生成とバブル崩壊を生み出し、暴落局面で買い付けを行い、暴騰局面で売り抜けることを考えるはずだし、暴騰、暴落が存在することで、各種金融取引ビジネスが拡大するから、そのビジネスチャンスを活用しようとするだろう。


2018年版の年次版TRIレポート

『あなたの資産が倍になる
 金融動乱に打ち勝つ「常勝投資術」』
(ビジネス社、税込み1620円)
https://amzn.to/2Ohzy6W


には、
第1章 2018年の大波乱
第4章 難局を迎えるFRB


などについて詳述した。


実際、2018年は1月末から米国発の株価中規模調整が世界市場に波及した。


そのなかで、中国市場では上海総合指数が下落率25%を超える大規模調整に移行している。


この中国市場の節目になってきたのが、上海総合指数の安値2638ポイントである。


10月11日、上海総合指数が、この下値節目を割り込んだ。


安倍内閣は2016年同様に、


「リーマンショックのようなことがない限り実施する」


の言葉を悪用して、2019年10月の消費税増税を再々再延期することになるだろう。


株価下落の背景と今後の展望については、


会員制レポート
『金利・為替・株価特報』2019年10月15日発行号
http://www.uekusa-tri.co.jp/report/index.html


に詳述したので、関心のある方には、ぜひご高覧を賜りたい。







メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」

http://foomii.com/00050

のご購読もよろしくお願いいたします。

上記メルマガを初めてご購読される場合、
2ヶ月以上継続して購読されますと、最初の一ヶ月分が無料になりますので、ぜひこの機会にメルマガのご購読もご検討賜りますようお願い申し上げます。

http://foomii.com/files/information/readfree.html



続きは本日の
メルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」
第2161号「米国発株価急落伏線だった10.08上海株価急落」
でご購読下さい。

『アベノリスク』(講談社)
の動画配信はこちら
著書と合わせてせて是非ご高覧下さい。

2011年10月1日よりメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』(月額:540円(税込)/配信サイト:フーミー)の配信を開始しました。

 創刊月2011年10-2012年6月は、このようなテーマで書いています。ご登録・ご高読を心よりお願い申し上げます。詳しくはこちらをご参照ください。

 メールマガジンの購読お申し込みは、こちらからお願いします。(購読決済にはクレジットカードもしくは銀行振込をご利用いただけます。)なお、購読お申し込みや課金に関するお問い合わせは、info@foomii.com までお願い申し上げます。




名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.